Text Size : A A A
Img_0656949608da5af577a617d6a07918c8
商店街で、小学生たちが画板をかかえて座ってた。
「お店を描く」がテーマらしい。
大好きな図工の時間を思い出して、わくわくする。

みんな描き始めは緊張するのか、ほとんどの子は画面が真っ白だったけれど、
一人、迷いなく画面いっぱいに自動販売機3台を描いている男の子がいた。
わ!いいなあ!お店の横に並んでいるのがいいなと思ったんやな。
構図もかっこいいなあ。。と思ったら、案の定すぐさま先生が口をはさんでいて、
勝手にやきもきしている私。。

小学一年生のときにそろえてもらった、写生大会用の絵具一式。

画板、肩からさげる絵具かばん。
なんだかとても誇らしかった。
きっと生まれる前から、ずっとこんな姿に憧れていたのだと思う。

あのときの気持ちと、ずっと今も一緒にいる。
そして、水バケツは今も机の上で、私を見守りつづけています。